英語でコミュニケーション+α

英語でのコミュニケーションを学ぶ上で私自身が経験したことや学んだこと、見聞きしたことなどについて書いています。

英語マインドセットの作り方:レジュメ編②

※本ブログにおいて、英語=米語です

 

前回の英語マインドセットの作り方:レジュメ編①からのつづきです。

natsumisatoh.hatenablog.com

 

英語レジュメライティングの基本として、英語レジュメは、大きく2つのグループに分けることができます。1つ目は、前回書いた、「過去から、自分の『できる』を最大限アピールする」グループで、もう1つは、「あなたの基本的な情報を提供する」グループです。

 

基本的な情報には:

  • Name:名前+α(Ph.D., M.B.A., M.D.などある場合ははここに記載します)
  • Contact Information:住所、Eメールアドレス、電話番号
  • Professional Affiliation:◯◯化学会、△△Medican Assosication など自分が属している団体名
  • Languages:母国語以外の言語能力
  • Publication:科学誌や著書など出版物の提示
  • Education :基本的には大学から記載(Bachelor's Degree → Master's Degree → Doctoral degree の順)
  • Volunteer Activity:社会貢献活動を記載
  • Award:表彰経験を提示
  • Personal Interests:趣味、特技など重要性は低いが記載可能

などが含まれ、これは日本語の履歴書に近い存在です。職探しにおいて、あなたの基本的情報の提供は当然重要ですが、事実を記載するだけでは英語マインドセットの取得には殆ど寄与しないので今回は割愛します。
*Educationに関しては、新卒なのか転職なのかで他方のグループになることもあります。

 

自分を最大限アピールすためのセクションにおいては:

Professional Experience:「何をしたのか?」「何を成し遂げたのか?」「(あなたの)役割は何だったのか?」など、自分の役目、責任や実績を1つの立場・肩書きに対して1〜2のポイントで書く。


例)
- Managed the operations and oversaw the implementation of the JAET (Japan-America Exchange and Teaching) Program, one of the largest study abroad programs in Japan.

- Comprehensively retooled the executive’s communications strategy by supervising the design and languages of all public relations materials.

 

Skills:過去の経歴、経験のアウトプットとして培ったスキル、人間的強味、資格など応募先の「これから」の発展に寄与できるもを書く。

Knowledge-baed Skills: 特有な環境下で培ったスキルで似た環境下で実践力を発揮するスキル

Transferable Skills: 様々な環境下に置いて実践力の発揮が可能なスキル
例)・Interpersonal communication skill
  ・Problem solving skill
  ・Organizational skill 他

Personal Traits: グローバルプロとして必要になる実践力を高めるための人間的特徴
例)・Goal-oriented
  ・Self-motivated
  ・Flexible 他


Executive Summary/Objective/Summary of Qualification
:プレゼンで言うところのAttention Getter。過去の経歴、経験、培ったスキルから自分が如何に理想的な候補者であるかを5〜7行の端的な文でアピールします。

 

レジュメを書く順番:Professional Experienceを家の土台とみなし、その上に家を建てる感覚で

Professional Experience

Skills

Executive Summary/Objective/Summary of Qualification

と書いていきます。

 

f:id:NatsumiSatoh:20180615052824p:plain

 

 

次回は、Professional Experienceの書き方になります。