英語でコミュニケーション+α

英語でのコミュニケーションを学ぶ上で私自身が経験したことや学んだこと、見聞きしたことなどについて書いています。

英訳小学1年生うんこ漢字ドリル ①:一 〜 四

うんこ漢字ドリル、大変な人気です。

例に漏れず我が家にもあります。息子のひらがな練習用に購入しました。男の子あるあるなのか息子あるあるなのか分かりませんが、うんこやらおしりやらとにかく下のパーツが絡むネタに大喜びします(苦笑)。

このうんこ漢字ドリルも大成功でした。毎日楽しそうに少しづつですが読んでいます。で、考えたのが一度日本語で読んでしまった文を英訳したらそれも面白がって読んでくれるのではないか、と言うことでした。一度、日本語で読んでいるのでなんとなく意味は分かってるし(分からなければそこにある日本語文をもう一度読めばいい)楽しんで読めるのではないかと思いました。

日本語の語彙力強化にも役立つと思っていたので、その延長上として英語語彙力強化にもつながったラッキーと言うくらいです。

元々の日本語の意味合いを踏まえつつも、直訳は避け、英語型(米語)スピーカーとしてより自然なコミュニケーションに訳しています。また、ドリルに載っている絵も参考にしています。

 

1. この うんこが 一番大きい。

This poop is the biggest!

 

2. うんこを ひとつ もって 出かけよう。

I'm going out with just a poop in my hands.

 

3. うんこに えんぴうを 一本 つきさした。

I stuck a pencil into a poop.

 

 

1. 二かいから うんこが おちて くる。

A poop is falling out from the second floor!

 

2. ランドセルに うんこを ふたつ 入れます。

I'm going to put two poops in my school bag.

 

3. うんこの 上に すなが ふたつぶのっている。

I see two pieces of sands on the poop.


オリジナル文との違いに違和感を感じるかもしれませんが、この状況を想像してみた時、英語型スピーカーならどう発するかと想像してみると、「I」から始まるこの文の方がとても自然です。他方、オリジナル日本語文をストレートに英訳すると、


There are two pieces of sands on the poop.


になります。決して間違ってはいないけれど、日常的なコミュニケーションにおいては出番は少ないかもしれません。

 

1. 川原で 三角の うんこを 見つけました。

I've found a triagle-shaped poop at riverbed.

 

2. 三日月を 見ながら うんこを しよう。

I will poop while looking up a cresent moon.

 

3. みっつの うんこを つみかさねる。

I stack three poops. 

 

 

1. 四角い うんこなんて めずらしい。

How rare it is to find a squre-shaped poop!

 

2. おもい うんこを 四人で もち上げた。

Four of us lifted up such a heavy poop.

 

3. うんこを よんこ あつめましょう。

Let's find four poops now.

 

英訳小学1年生うんこ漢字ドリル ②につづきます。 

 

1.  Bunkyosha Co., Ltd.. "Unko Kanji Doriru" 2017