英語でコミュニケーション+α

英語でのコミュニケーションを学ぶ上で私自身が経験したことや学んだこと、見聞きしたことなどについて書いています。

英語コミュニケーションの基本:テクニック編 ①

前回までの英語コミュニケーションの基礎:セオリー編③で紹介した、英語型コミュニケーションスタイルセオリーに則って具体的にIneffective English(日本語型英語)をEffective English(英語型英語)に変えていきたいと思います。

 

① 人間主語、主に「I」や「We」を主体に文を構成

英語コミュニケーションにおいて、特に日常的に使われる英語においては、「I」や「We」などの人間主語が使うことが自然です。その理由として:

  • セオリー編でも書いたとおり、英語スピーカーは「自己フォーカス型」であるため、人間目線(特に自分目線)で物事を捉えることが普通。
  • 人間主語を用いいた方が文(章)が端的になる傾向がある。
  • 人間主語を用いることで、主語と動詞の関係性を明確にし、動詞の責任の所在をはっきりさせる(これは能動態文の特徴でもある)。
  • そして最も大事なのが、上記にも述べたとおり「人間主語」+「動詞」文がネイティブ英語スピーカーにとって自然であり慣れ親しんだものであるから理解しやすい。

例)

Case 1:There have been discussions over several months with our collaborators in terms of a partnership.
→ We have been discussing over several months with our collaborators the possibility of partnership.   

Case 2:It is important for us to have a healthy relationship and open communication with patients.
→ We value a healthy relationship and oepn communication with patients.

 

② 名詞表現は避け、アクション動詞(Be動詞以外の動詞)を用いて “what you do?(何をする?)” をピンポイントで表現

ポイント:前置詞「of」と「for」があまりに多く登場するようなら、名詞表現になっている可能性!!!動詞表現に書き換えられないか少し立ち止まって考えてみることをお勧めします。

Case 1:Upon arrival at the General Hospital registration and referral center on the 1st floor, completion of the Consultation Application Form is necessary.

→ After arriving at the General Hospital registration and referral center on the 1st floor, you need to complete the Consultation Application Form.

Case 2:The doctors responsiblities are a diagnosis and other clinical judgement of each patient, medical consultations, and a medical treatment schedule arrangment, examinations and tests for determination of an appropriate clinical procedure.

→ Doctors have the responsiblities to assess patients’ health condition and discover possible issues, to consult with patients to promote their overall health, and to examine, schedule, and provide treatments that patients need.

③ 「Why」「How」「Purpose」などの理屈を加えてメインの主張をサポート、説得性を持たせる

日本人が「常識」や「暗黙の了解」で済ませてしまいがちな事柄でも多様性の中では通じないことが多々あります。なので多様性の象徴とも言える英語圏(特に米国)では「個」として筋道の通った理屈を加えて説得性を持たせ相手に理解してもらうことが自然になっています。

Exercising for at least half an hour everyday is important for our health. ← そりゃそうなんだろうけど・・・。

→ Exercising for at least half an hour everyday is important for our health because exercise increases energy levels, enhances immune system, and improves brain function. ← ああ、なるほど!

④ 能動態文を使う

「自己フォーカス型」の性質上、S + V 〜 が自然であり、主語としての「自分」が「何をする(した)」を表現する「動詞」は、文に生命力を与える上で最も重要です。これから派生して、たとえ非人間が主語である場合でも、主語の次にくる動詞選択が文全体の力強さとアピール力を左右します。

「動詞力」 =「伝わる力」

また、「誰が何をする(した)」や「何が起こる(起こった)」という表現は、動作の流れがイメージし易く、聞き手(読み手)にとって理解しやすいです。

シンプルな例:Bathrooms and restrooms can be used between 9am and 9pm.

→ Customers can use bathrooms and restrooms between 9am and 9pm.

もう少し複雑な例: Every time a new material was discovered, advancment was made in the development of technology.

→ Every time we discovered a new material, our technology advanced.

 

次回の、英語コミュニケーションの基礎:テクニック編②(↓)に続きます。

natsumisatoh.hatenablog.com