英語でコミュニケーション+α

英語でのコミュニケーションを学ぶ上で私自身が経験したことや学んだこと、見聞きしたことなどについて書いています。

パブリックスピーキングの基礎:構成「トピカルパターン」①

前回のブログでは、「パブリックスピーングの目的は主に、①情報をシェアする、②人の心を動かすの2つです」と書きました。今回はそのうち①の情報をシェアするに効果的なスピーチ構成パターン「トピカルパターン」を紹介します。


トピカルパターンの基本構成

  1. Introduction:スピーチやプレゼン成功の50%を決めると言っても過言ではないほど大事な箇所です。効果的なIntroductionとは、序盤でオーディエンスの心をがっちり掴み、トピックについてのワクワク感を提供し、さらに話を聞き続けるモチベーションを与えます。
  2. Body:Introductionで引き付けたオーディエンスの興味を逃さないようシンプルでロジカル、オーディエンスに最も理解し易い形で情報を届けます。
  3. Conclusion:スピーチ成功の25%を決める大事な部分です。効果的なConclusionとは、Bodyの内容を簡単に復習し、スピーチを包括的にまとめたファイナルメッセージを発信します。

ライティングの基本構成と同じです。ただ、それぞれの3部分は更に細かい構成パーツに分かれます。

1.  Introducionの構成:スピーチ全コンテンツ量の10〜20%程

  • Attention Getter
  • Credibility Statement(必要なときのみ)
  • Motivational Statement
  • Preview Statement

Attention Getter:いわゆる「掴み」と言うやつです。スピーチやプレゼンの始まりでまだスピーカーに集中しきれていない気持ちを一気にスピーカーに向けさせます。

オーディエンスの注意を引くのに効果的なものをいくつか紹介します。

  1. 驚きの統計情報
    例えば・・・The biggest cause of bankruptcy in the United States, representing 62% of all personal bankruptcies, is medical expenses (2013).

  2. 著名人の発言を引用
    Either write something worth reading or do something worth writing." Ever since I first heard this quote by Benjamin Franklin, I have lived my life trying to do something worth writing every day.

  3. インパクトのある絵や写真
  4. 質問
    What is the first thing that comes to your mind when you see this picture?

    f:id:NatsumiSatoh:20170616114822j:plain

他にも、物語を話すように始めたり、今話題のトレンドやイベント、ニュースなどを取り込んだ一言始めることもできます。

Attention Getterはその名の通り、オーディンスの注意を引くことを目的としているため、その逆、つまりオーディンスがあっという間に興味をなくすような出だしは避けたいです。その代表格たるものが:

  • Today, I'm going to talk to you about...
  • My topic is...
  • Topcis for my talk today include...
  • I'm going to tell you about...

決して間違っているわけではないのですが、あまりに使い古されていて非常につまらない印象しか与えません。これでは、「面白い話をするから話を聞いてー!」とは真逆の役目をしてしまいアテンションをゲットすることはできません。

Credibility Statement:あまりあなたのことを知らない人がオーディンスに多くいる場合に、あなたがそのスピーチトピックに関して十分は知見を有してることや精通していることを示す内容を加えます。例えば:

  • 個人の経験:I've gone to camping many times since I was 4 years old.
  • 学位:I studied entomology for 6 years and have a bachelor and master from ABC university.
  • プロとしての実績:I've been a president of the prestigious organization for 12 years. 

ただし、上から目線になり過ぎたり高慢になり過ぎたりしないよう気をつけます。

イントロは長いので2回に分けます。次は、Motivational StatementとPreview Statementについてです。

 

参考:North, Marjorie L. "Fundamental of Public Speaking." Harvard Extension School, Cambridge. Aug. 2011 - Dec. 2011. Class

 

NEXT