英語でコミュニケーション+α

英語でのコミュニケーションを学ぶ上で私自身が経験したことや学んだこと、見聞きしたことなどについて書いています。

パブリックスピーキングの基礎:プレゼンスライド ①

久しぶりの投稿です。仕事が立て続いていてしまうとどうしてもブログがおろそかになってしまいがち。それでもしぶとく不定期にアップしていきますので、のんびりお付き合いいただければ幸いです。

 

さて、今回からはプレゼン、スピーチの伝達効果を向上するためのビジュアルエイドです。一言にビジュアルエイドと言っても多々ありますが、その中でもフォーカスしていきたいのはもちろんプレゼンスライドです。

ただその前に・・・。

効果的なプレゼンスライドについて書く前に:

パブリックスピーキングにおいて、メッセージ力の強さやメッセージの浸透率を左右するのはオーディエンスとスピーカーの「つながり」です。この「つがなり」が弱まれば弱まるほど、メッセージ力は弱まり、主張の浸透率を下げることになります。「つながり」が最も強いのは、「その場」にスピーカーとオーディエンスのみが存在することです。それ以外の存在はこの「つながり」を分断します。スピーカーとオーディエンスのみの状態は、スピーカーとオーディエンス間の「親密性」が一番高く、「つながり」も最も強くなります。

ビジュアルエイドの中でも、特にビデオなどの動きを伴うものはオーディエンスの注意をスピーカーから切り離し「他の物」に集中させてしまうので、メッセージの浸透率を保つ上では高度なテクニックを要します。

 f:id:NatsumiSatoh:20171013060358p:plain

 

プレゼンスライドを使う上での基本原則:

プレゼンスライドを使う上でのそもそも論として、

  • プレゼンスライドはスピーチのメッセージ力を高める  
  • プレゼンスライドはスピーチのメッセージの浸透率を高める 

ことにつながると判断した時のみ使うのが基本です。

例えば、ズートロープがどの様な物なのか文字だけで伝えようとすると・・・

It is one of several pre-film animation devices that produce the illusion of motion by displaying a sequence of drawings or photographs showing progressive phases of that motion. It consists of a cylinder with slits cut vertically in the sides. On the inner surface of the cylinder is a band with images from a set of sequenced pictures. As the cylinder spins, the user looks through the slits at the pictures across. The scanning of the slits keeps the pictures from simply blurring together, and the user sees a rapid succession of images, producing the illusion of motion. 2

うーん、長い・・・。もちろん分かる人には分かりますが、これを口頭でさらっと言われてしまうと「え、なに?」となってしまう人も多いのではと思います。こう言う場面こそがプレゼンスライドの活躍の場です。 

f:id:NatsumiSatoh:20171013062006j:plain 2

分かりやすいです!たった一つのイメージで伝わります。これこそが効果的なプレゼンスライドの醍醐味と言えます。

 

さらに・・・

 

英語スピーチ、プレゼンの成功とは: 

表情の豊かジェスチャー、音の抑揚やスピードが鍵を握る英語でのスピーチやプレゼンの成功は以下の様に分配されます。

 

f:id:NatsumiSatoh:20171013064657p:plain

よく、スライド作りに時間を取られすぎ、実際のデリバリーの練習をおろそかにする日本語スピーカーを見かけますが、これではスピーチ、プレゼンを成功へ導くことはできません。顔、体、声、目、そしてコンテンツと様々な要素を総合的に組み合わせてコミュニケーションをとる英語型オーディエンスに向けて効果的にメッセージを届けようとするとき、スピーカー側も同じように総合的にコミュニケーションをとる必要があります。日常のコミュニケーションのなかに、声の抑揚や表情の変化、大きなジェスチャーなどがあまり存在しない日本語型スピーカーにとっては大きなハードルです。だからこそ、スピーチやプレゼンの準備において、デリバリーの練習にも十分な時間を費やす必要があります。デリバリーに関しては、このプレゼンスライドテクニックを書いた後に紹介したいと思います。

オーディエンスの「聞き方」の違いについては、パプリックスピーキングの準備を始める前にも少し書いています。

ポイント!プレゼンスライドはオーディエンスのために存在します。決して、スピーカーのためではありません。ですから、スライドをノート代わりにして読んでしまうなど言語道断です。オーディエンス目線のスライドを作ることで、自分のスピーチ、プレゼンのメッセージ力を最大限にしていきます。

 

次回から、具体的なテクニックについて紹介していきたいと思います。

 

 参考

1. North, Marjorie L. "Fundamental of Public Speaking." Harvard Extension School, Cambridge. Aug. 2011 - Dec. 2011. Class 

2. Wikipedia Contributors. "Zeotrope." Wikipedia, The Free Encyclopedia. Wikipedia, The Free Encylopedia. 01 Oct. 2017. Web. 13 Oct. 2017. <https://en.wikipedia.org/wiki/Zoetrope>

 

 

パブリックスピーキングの基礎:構成「モンローズシークエンス」④

オーディエンスを説得することを目的としたスピーチ、persuasive speech に適した構成パターン、モンローズシークエンスを使ったスピーチサンプルです。

 

《前回までの内容》

モンローズシークエンスの基本構成:

  1. Aouse attention
  2. Demonstrate the need or want
  3. Satisfy the need or want 
  4. Visualize the results or outcomes
  5. Call for action 

 

Persuasive Speech サンプル

トピック:ウォーキング

スピーチの目的:To persuade

オーディエンスについて:運動した方が良いとなんとなく感じつつも、何から始めて良いのかいまいち分からない。でも、なんとなく体の不調も気になるようになってきた50代の男女。

メインメッセージ:To persuade my auidence to include a 30-minunte walk in their regimens to receive incredible benefits for their health.   

AROSE ATTENTION

Arteriosclerosis, metabolic syndrome, obesity, depression, chronic liver disease, cardiovascular disease, osteoporosis, hypertension and heart diseases, they are the major lifestyle diseases that can kill you or severely harm your health in next 10 years.  Thousands of Japanese are putting themselves at risk for death and disability everyday.  

DEMONSTRATE THE NEED/WANT

How? They don't exercise (STEP 1). Let's take a look at this.  This graph shows how lack of exercise can fasten aging process of our hearts, especially in 50s.  It can actually age our hearts 3 times faster if we don't do any daily exercises. Everyday with low physical activity, we are taking one step closer to cardiovascular diseases (STEP 2).  According to the journal, ABC Cardiology, people who have a physically active lifestyle have a 20-30% lower risk of any types of lifestyle diseases. For example, a person with an inactive lifestyle is highly likely to experience a light to severe stroke by age of 60 while a person who works out daily will enjoy both physically and mentally healthy life in the long run (STEP 3). Because 25% of people in the 50s don't do any exercises whatsoever, about 13 of you here today can face serious health issues in the next 10 years (STEP 4).

SATSIFY THE NEED/WANT

Obviously, the only way we can stop this threat is to exercise.  Yet, in our busy schedules, how can we squeeze a time to workout?  Well, we walk. It is easy to do, requires nothing but a pair of tennis shoes, and only takes 30 minutes of a brisk walk to receive tremendous benefits (STEP 1). First, we walk faster.  We don't even have to specially take a time for the walking.  Instead, every time we walk, we walk faster.  If we could walk like this (demonstration) in daily basis, you would already include moderate physical activity in your life.  It's so easy that you can even start today after my speech. Also, you will understand what a "brisk walk" is like. We continue this passive-aggressive walk for two weeks. After two weeks, we move on to the next step.  As the second step, we walk for 15 minutes.  We spare 15 minutes of our day for a walk.  The simplest way to accomplish this is to add the 15-minute walk on the top of what we already do everyday.  One good example would be to include the additional walk to our daily commute.  We find a new route with an extra mile to our stations or bus stops. We do this for another two weeks. This is easy, practical, and perfect way to take a daily physical activity one step further. Finally, we walk for half an hour.  The morning is the best time to walk.  We wake up 30 minutes earlier, put our shoes on, shut a door, and go for a walk. I totally understand how you feel right now.  This seems impossible, yeah? But, with lighter body and brighter spirit by having walked everyday for the past month, this will come naturally. We have now successfully completed to include a 30-minunte walk in our regimens (STEP 2 & STEP 3). I know this can work from my personal experience. My mom was diagnosed with osteoporosis 3 years ago. I was very concerned and anxious that she was at risk of being bedridden. I insisted her to start some sort of physical activities as soon as possible.  But, she didn't know where to start, so I introduced the "brisk walk".  Well, she just had her annual checkups last week, and her doctor was astonished how dense her bones had become.  She is 67 years old and she feels healthier than ever.  She is busy traveling all over Japan, having small tea parties and chatting with her friends, and taking a Hula lesson every Wednesday (STEP 4).

VISUALIZE THE RESULTS/OUTCOMES

Strengthening bones is not the only benefit walking can offer.  The 30-minute brisk walk can also lift up your spirit. Regular walking works just like a cup of wine or your favorite sweet to calm your nerves after a rough day.  It actually modifies your nervous system so much that you will notice a decrease in your inner negativity, like anger and hostility.  Of course, vitamin D we will be exposed to from natural sunlight is one plus element to save us from depression.

Walking significantly lowers your risk of chronic diseases.  It slashes the risk of diabetes, stroke, hypertension, cardiovascular diseases, obesity, and many more since walking lowers your blood sugar levels, blood pressure, and high cholesterols.  "I can't emphasize enough how much we can be benefitted from the daily 30-minute brisk walk. We receive so much more return than what we invest. Basically, walking for half an hour can save you from 90% of health risks we could face after age of 45.", says Dr. Suzuki, a director of Health and Fitness Center at University of XYZ Hospital.

As a bonus, we will tighten our waist. All the pants, skirts, suits, dresses, and even swimwear we bought a few years back and can't fit us anymore, we could be able to wear and can look as sharp as ever.

CALL FOR ACTION 
A daily physical activity could sound like so much work, and you can get worn out before you even do anything. But, if you can begin with something easy like adding a bit of extra physical activity to what you already do everyday, you can start as you breath.  So, just don't sit there. Get up and start walking. Once you get a ball rolling, I guarantee you will already feel healthier and happier after only 30 minutes.

 

 

参考:North, Marjorie L. "Fundamental of Public Speaking." Harvard Extension School, Cambridge. Aug. 2011 - Dec. 2011. Class 

 

 

パブリックスピーキングの基礎:構成「モンローズシークエンス」③

スピーチ自体に説得性をもたせ、オーディエンスの行動や意見になんらかの影響を与え変化を促すことを目的とする persuasive speech に適した構成スタイル、モンローズシークエンス(Moroe's Motivated Sequence)の第3章です。前回までの内容はこちら(↓)

natsumisatoh.hatenablog.com

natsumisatoh.hatenablog.com

モンローズシークエンスを使ったサンプルスピーチはこちら

 

今回は、パブリックスピーキングではお馴染みの最後の強いメッセージを通して、オーディエンスに実際に行動に移してもらうための Call for action です。

 

《REVIEW》

モンローズシークエンスの基本構成:

  1. Aouse attention
  2. Demonstrate the need or want
  3. Satisfy the need or want 
  4. Visualize the results or outcomes
  5. Call for action ←今ここ

 

5.  Call for action行動を呼びかけます。あなたのスピーチを踏まえて、オーディエンスにまず何をして欲しいかと訴えます。ただし、オーディエンスが抱くトピックに対する感情次第でどこまで具体的な行動を求めるかを変えます。ただし、オーディエンスのトピックに対する感情(ポジティブかネガティブか)によって内容を変化します。

  • オーディエンスがスピーチトピックに対してそもそも前向きな感情を持っていた場合:スピーチを聞き終えた直後から帰宅するまで、帰宅後もしくは翌日に始められるより具体的な行動についてふれます。モチベーションの上がっているオーディエンスの期待に応えることが目的です。
  • オーディエンスがスピーチトピックに対してそもそもあまり前向きな感情を持っていなかったりほとんど知らなかった場合:具体的な行動にはふれず、何かの時に思い出してもらえれば良い、くらいに留めます。具体的な行動提案ではなく、包括的な情報を提供することで気持ちや意見に影響を与えるのが目的です。

ただし、オーディエンスの感情にかかわらず、トピカルルパターンと同様、スピーチ終了後もオーディエンスの脳裏に張り付くようなパワフルなメッセージは発信します。persuasive speech において、オーディンスがとる行動によって世界どう良くなっていくか、やオーディエンス自身の人生がどう好転していくのかに焦点をあてたメッセージを発信すること特に大事です。例えば・・・

Case 1 (オーディエンスにあまり聞き覚えのない)言語療法士をキャリアの選択肢の一つとして考えてもらいたい時:
A speech language pathologist is a career to think about.  It's rewarding and well paying, and more than anything, we can make a difference in someone's life.  We can change the course of one's life. As a speech language pathologist myself, I have never felt this satisfied and valued.  So, if you are looking for a career like this, a speech language pathologist is definitely the career for you.

Case 2 とにかく海外に飛び出してみよう!留学に興味を持っている学生に訴えたい時:Studying abroad is nothing but personal gain. It will benefit you a lot more than just language skill. You will develop deeper understandings of diversity and different perspectives as well as a wide network of people all over the world.  So, what are you waiting for?  Go home, get online, and search "college study abroad program 2017"!

 

次回は、Persuasive Speech のサンプルです。

 

 

参考:North, Marjorie L. "Fundamental of Public Speaking." Harvard Extension School, Cambridge. Aug. 2011 - Dec. 2011. Class 

 

 

パブリックスピーキングの基礎:構成「モンローズシークエンス」②

前回からの続きです。スピーチ自体に説得性をもたせ、オーディエンスの行動や意見になんらかの影響を与えることを目的とする persuasive speech に適した構成スタイル、モンローズシークエンス(Moroe's Motivated Sequence)の第2弾です(第1弾目は以下↓)

natsumisatoh.hatenablog.com

モンローズシークエンスを使ったサンプルスピーチはこちら

 

《REVIEW》

モンローズシークエンスの基本構成:

  1. Aouse attention
  2. Demonstrate the need or want
  3. Satisfy the need or want ←今ここ
  4. Visualize the results or outcomes
  5. Call for action

 

3.  Satisfy the need or want方法論の提示です。上述した、2. Demonstrate the need/want を通じて、問題解決への必要性に強く共感しているもしくは行動欲求が高まっているオーディエンスの「とにかく解決策・方法を知りたい!」という気持ちに応えます。そのためのステップとして・・・

STEP 1 具体的な解決策・方法を紹介:ここでも「端的」がキーです。ソリューションもしくはプランが何であるかを1文で言い切ります。

  • The only way we will do this/make a difference/make a change/solve this etc. is 〜.
  • We can accomplish/achieve/put ourselves in that position etc.by 〜.
  • I know we can change this by 〜.
  • What we want/need to do is to 〜.  などなど

STEP 2 解決策・方法の詳細を説明:あなたが推奨するソリューションやプランのスタート地点からゴール地点までを3〜5ステップに別けて説明します。この時に日本語スピーカーが気をつけたいのが、必要以上に言葉を足さないことです。例えば・・・

Case 1 食生活改善への第一歩としてまず、日々の食生活を査定する必要がある時

  • The first thing we need to do is to evaluate what we eat everyday. ← Ineffective(非効果的):メインの行動(動詞)までが遠すぎる。
  • First, we evaluate. ← Effective(効果的):行動(動詞)がいち早く分かる。

Case 2  テレビのない生活への最初のステップとして、まず1日テレビを止めてみもらう時:

  • As the first step towrad a life without TV, we can begin with a day without turning on TV. ← Ineffective(非効果的):メインの行動(動詞)が分かりづらい。
  • As the first step, we spend a day without TV. ← Effective(効果的):目的の行動(動詞)が分かり易い。

もちろん、この後に、「Why(理由)」や「How(方法・プロセス)」などの詳細説明を加えますが、その前に「何をする」をズバッと言い切ってしまうとオーディエンスにとって非常に分かり易い。

STEP 3 「結果」への道筋を示す:STEP 2で紹介した1つ1つの行程がちゃんとゴールに繋がっていることを示します。STEP 2とSTEP 3は、話が長くなったり、説明が理解の範疇を越えたりしてオーディエンスが志半ばでゴールを見失わないようにするよう心がけます。

最初に全行程数を伝えておりたり、ロードマップを使い、1行程ごとに少しづつゴール(結果)に近づいている感覚を共有すると効果的です。

STEP 4 現実性と信頼性を高める:実例や実績に勝る証拠はありません。あなたが提示する方法が過去に如何に問題解決に効果的だったか、またチャンスや機会を活かすことに繋がったかを紹介します。

 

4.  Visualize the results or outcomes:結果・アウトカムの可視化です。3.  Satisfy the need or want で提示した方法に則って行動した上で起こる結果を説明します。具体的で分かり易く、将来図がイメージしやすい語彙を選びます。特に、オーディエンスにとってどのような利点・ベネフィットがあるのか手に取るように分かるようにする事が重要です。

 ポイント!:ざっくり表現や雰囲気でなんとなくコミュニケーションをとることに慣れてしまっている日本人にとって物事をピンポイントで表現するのはかなり難しいようです。特に、

  1. 語彙力の欠如
  2. 的確表現への不慣れ

は大きな課題です。改善策として、視力にハンディキャップを抱えるオーディエンスに向かってスピーチをしていると想像しながらコンテンツを考えてみてください。

結果の可視化テクニック

① ポシティブメソッド:明るい未来に焦点を当てます。提示された方法に則って今行動することで訪れる希望や可能性、光に満ちた将来図を描いて見せます。ここでも具体性と可視性の高い言葉選びがとても大事になってきます。

② ネガティブメソッド:暗い未来に焦点を当てます。提示された方法を今行動に移さないことで訪れる状況や状態がより悪化した、もしくは現状が好転・改善なく引き続いてしまう将来図を描いて見せます。特に、2.  Demonstrate the need or want で紹介した事例の中でオーディエンスが最も望まないものであろう状況が続いてしまう(悪化してしまう)可能性について言及します。

③ コントラストメソッド:文字通り、ポジティブメソッドとネガティブメソッドを混ぜたものです。まず、ネガティブメソッドにおける暗い未来を可視化し、後からポシティブメソッドによる明るい未来を示します。

 

モンローズシークエンスも次回は、オーディエンスに行動してもらうための最後の訴えです。説得型のスピーチであろうと情報シェアを目的とするスピーチであろうと、オーディエンスの耳に最後に届けるメッセージはスピーチ自体のインパクトを決める上でとても重要です。

 

参考:North, Marjorie L. "Fundamental of Public Speaking." Harvard Extension School, Cambridge. Aug. 2011 - Dec. 2011. Class 

 

 

パブリックスピーキングの基礎:構成「モンローズシークエンス」①

さて、前回までは、情報をシェアすることを目的としたInformative Speechに適したトピカルパターンについて書いてきました(↓)。ここからは、オーディエンスを説得することを目的としたPersuasive Speechに適した、モンローズシークエンス(Moroe's Motivated Sequence)についてです。

natsumisatoh.hatenablog.com

モンローズシークエンスを使ったサンプルスピーチはこちら

 

モンローズシークエンスの基本構成:

  1. Aouse attention
  2. Demonstrate the need or want
  3. Satisfy the need or want
  4. Visualize the results or outcomes
  5. Call for action

1.  Arouse attention:トピカルパターンにおける Attention Getter と同じ役割を果たします。まだ集中しきれていないオーディエンスの注意を引き、スピーカーである自分に一気に集めます。詳しくは、以下参照。

 

2.  Demonstrate the need or want: オーディエンスの「行動の必要性」や「行動欲求」を刺激します。現状存在する「問題」や、オーディエンスが気づいていない「機会・チャンス」を提起して、「行動しなければ!」や「このチャンスは掴みたい!」などの気持ちを盛り上げます。必要性や行動欲求を刺激して、気持ちを高めるために以下のステップを踏むと効果的です。

ポイント!:オーディエンスが「まず何をすればいいんだ!?」思わず前のめりになるように持っていくのが理想です。

Steps to Demonstrate The Need or Want

STEP 1  問題/機会を提起する:「問題」や「機会」の存在を端的に示す。

例えば・・・

  • Well, we have a serious issue.  It is 〜.
  • Do you know what they have in common?  Well, they 〜, and that is a big problem.
  • Wether you like it or not, we are currently facing a huge issue.  It is 〜.
  • Here is your chance to 〜 and make a positive impact in your life.
  • 〜 is your once-in-a-lifetime opportunity to make a drastic change in 〜. などなど

STEP 2 問題/機会を例解する:事例やサンプルなどを紹介し、「問題」や「機会」の具体性を提示する。

  • Let's take a look at this number.  This is 〜.
  • Let me show you some 〜.
  • A good example of this is that 〜.
  • Why don't I tell you about/introduce you 〜.  などなど

STEP 3 問題/機会への理解をさらに深める:統計データや専門家の意見などを紹介することで「問題」や「機会」の信憑性を高める。

  • According to 〜(学術論文や信ぴょう性の高い記事など), 〜.
  • 〜(専門家学会や統計データの出元など)has (have) reported that 〜.
  • 〜(スピーカー自身が実績から得たデータなど)of participant/customers/clients/patients etc. have found/achieved/accomplished/received etc. 〜. などなど

STEP 4 問題/機会とオーディンスを繋げる:オーディエンス自身の生活、人生に影響を与える問題、機会であることを示す。

ポイント!プレゼンやスピーチを行う上で最も大事なポイントの一つとして以前にも書きましたが、ここでもオーディエンスについて詳しく知っておく、がとても重要です。

natsumisatoh.hatenablog.com

 

パブリックスピーキングの基礎:構成「モンローズシークエンス」②に続きます。

 

参考:North, Marjorie L. "Fundamental of Public Speaking." Harvard Extension School, Cambridge. Aug. 2011 - Dec. 2011. Class